DJ奇天烈とそのブログ

DJ奇天烈公記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続々・DJ奇天烈とCOMITIA105



今回も原稿よりヒロインの後ろ姿と彼女のライバルたち。またしても『パンツ』という刀を抜く。この話は8ページ劇画であるが作中にさらに小さい話を含んでいて、そこの部分で面白い話を思い出せなくてリリースをしなかった。本日その作中作以外は完了。作中作(小さいスペースであるが)と並行し次の話のネームも描く。じゃんじゃかやろう。


COMITIA105のカタログ・『ティアズマガジン』を読まれた方は知ってると思うが、拙DJ奇天烈は『ティアズマガジン』内の『P&R投稿募集』ページにて1ページ劇画を描かせて頂いた。5月のコミティア当日で担当の方からお声が掛かり、始めはなぜこの零細サークルにとビビりまくって俄に信じられなかった。だが、『自分の描いた話に写植が付くんだぜ!みんな見るんだぜ!』と、こういう機会は人生でなかなか体験できるものではないだろうと考えて、その場にて二つ返事で受けた。


やると決めた後は家に帰って自宅に保管しておいたティアズマガジンを読み比べて話とコマ割りを考え、一週間後の見本誌読書会に合わせて2通りのネームを描き会当日を使って担当の方と打ち合わせを実施。一方のネームにもう片方ネームのコマを合わせて更にその一週間後で本決まり。ページ右下の葉書も読書会にて一目惚れした作品を選ばせて頂いた。打ち合わせにて、担当の方と時代劇画の話で盛り上がりすごく楽しかった。担当の方にはCOMITIA105当日もお世話になり感謝の気持ちで一杯である。


そして今、発行された状態を読むと調子乗って82%縮小せずに原寸で描いたほうがよかったんじゃね、とか髪の艶汚くね等の反省点がありまくりで自分がティアズマガジンで足を引っ張ってるんじゃないかと思っているが、ここで得た経験を今後の作画に活かしていきたい次第だ。

スポンサーサイト
  1. 2013/08/22(木) 00:09:04|
  2. 付けペン画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日々D 8/22 | ホーム | 続・DJ奇天烈とCOMITIA105>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zanii2.blog67.fc2.com/tb.php/426-f52f0d1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。