DJ奇天烈とそのブログ

DJ奇天烈公記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日々D 7/10



『技能講習会』の選手紹介をしていたのはいつの日か。これから制服多めでいく。今回はヒロインとその友人(1.3話でわずかに出演)、彼女らが通っている『臨海工業高校』の制服姿で。かつてブログ内画像にて臨海工業高校のあらましを掲示したが、それに補充を加え改めて説明し直そうと思う。(当然、フィクションである。)


臨海工業高校。193×年、東京府立(当時)の工業学校として創立。当初は化学科のみであったが戦後に機械科・電気科を増設し3学科体制になる。高度経済成長期には人気校だったが、校内暴力・中退率の増加・職業高校の不人気化・少子化・産業構造の変化・地域の治安悪化により欠員補充対象校(募集に対して希望者が満たない状態)に陥ってしまった。それが原因(の一つ)となり、ヒロインたちの学年を最後に募集停止・彼女らの卒業をもって廃校になることが既に決まっている。


………とまあ、書いてみた。『レディ!ゴー』の話はこういう現状から始まる。


さて、この設定っていわゆる『廃校阻止物』(なぜかこのジャンルのアニメを自分は観たことがない。)になる。しかし、先達の作品と異なるのはこの学校に目立った廃校阻止運動が起きていないことである。『こんな学校潰れて当然』といわんばかりに社会から見捨てられ、当の生徒等とりわけヤンキーたちにとっては廃校になれば未来永劫手に入らない『臨工出身』という肩書きを不良界の『プラチナチケット』にしたいというすんげえ安い思考でもって廃校を支持している有様。まさに、『退廃と混沌とをコンクリートミキサーに掛けてぶちまけた』都内の『ソドムの市』(ゴモラでもいいや)にあたるといっていい。


越えるべき壁がでかければでかい方が燃える。ただし、現状が現状だけに安直な『愛校心涵養漫画』にはならないだろう。


次回も学校の友人を描く。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/10(水) 23:55:49|
  2. 付けペン画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日々D 7/11 | ホーム | 日々D 7/9>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zanii2.blog67.fc2.com/tb.php/395-bb07ec3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。